ホーム   »  個人情報保護
Category | 個人情報保護

個人情報保護

1.個人情報保護法とは

1-1 個人情報保護法の趣旨

2003年5月30日、「個人情報の保護に関する法律」、いわゆる個人情報保護法が公布され、2005年4月1日から全面施行されています。
本章では、個人情報保護法の概要と、個人情報がデータ入力業務とどのような関係にあるのかという視点で学習を進めていきます。
では、個人情報保護法とはどのような法律なのか見ていきましょう。
個人情報保護法制定の目的は、「個人情報の有用性に配慮しながら、個人の権利利益を保護することを目的として、民間事業者が、個人情報を取り扱う上でのルールを定めている法律」です。
まず、第一にいえることは、企業などの民間事業者が個人情報を取得する際には、その提供者に対して正確に利用目的を伝え、正統な方法で収集しなければならないということです。
また、民間事業者が収集した個人情報は、収集時に明示した以外の用途に利用することがあってはなりません。これは、個人情報の提供者は、明示された用途に限定して使用することについてのみ、承諾しているからです。
さらに、個人情報が外部に漏洩するということは大きな問題ですから、その管理には十分な配慮が必要です。
総じていえば、個人情報はあくまでも当該個人がその権利主体であり、収集した側は厳重な管理の下、適法に使用することが許されているものだという点を理解していただければと思います。
では、なぜ個人情報の保護が重要なのでしょうか。
従来、企業が持っている顧客リストや社員名簿、学校の同窓会名簿など、個人情報の元となる情報のほとんどは紙で保管されていました。それが情報技術の発展とともに個人データはデジタル化され、複製や配布も驚くほど簡単にできるようになってきました。
もちろん、このこと自体は、大変便利なことではありますすが、その一方で、悪用することをも容易にしてしまったということができます。
個人情報保護法の制定は、こうした点を考慮した個人情報の悪用回避のための施策の一環として生まれた法律であるといえるのです。


1-2 個人情報取扱事業者とは

個人情報保護法では、次のような事業者を個人情報取扱事業者と規定しています。
個人情報取扱事業者とは、事業目的で個人情報を取得している企業・個人事業者・商店などのうち、過去6ヶ月間の中で1日でも整理された状態の個人情報を5000人分を超えて保有している事業者です。
ちなみに、これら個人情報取扱事業者が、個人情報保護法に違反した場合には、最高、6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金が科せられることになっています。しかし、個人情報の保護はこの法律の対象外の事業者にとっても非常に重要です。それは、実際に受ける損害は、法律の罰則よりもむしろ社会的な制裁にあるからです。
例えば、ある企業で個人情報の外部漏洩が発生した場合、まず、その企業は、消費者や取引先からの信用を失い、商品・サービスが販売不振に陥ることは当然でしょう。そして、それはすなわち、会社の業績悪化という事態を招きます。さらに、プライバシーを侵害したとして賠償金の支払いを命じられた例もあります。
最近多発している個人情報の漏洩事件を新聞報道などで目にされたことがあると思いますが、そういう事故を発生させた企業は、短期間では回復できない程の大きなリスクを背負うことになります。


1-3 個人情報とは

ここまで、個人情報という言葉が繰り返し登場してきましたが、ここで、個人情報とは何かということについて考えてみましょう。
個人情報保護法でいう個人情報とは、「生存する個人に関する情報であって、特定の個人を識別することができるもの」を指しています。だからこそ、個人情報の権利主体は情報を提供した個人であるということになるわけです。
例えば、氏名や住所、電話番号、写真や監視ビデオの画像など、特定の個人を容易に識別できるものや、銀行口座の番号やクレジットカード番号、各種の会員番号といった顧客情報など、その情報単体では直接個人を識別できない場合でも、顧客名簿など他の情報と組み合わせることで容易に識別可能な情報であれば、それらはすべて個人情報ということになります。
また、パソコンで管理できるデジタルデータだけでなく、メモ用紙などに走り書きした程度のものであっても、個人情報とみなされます。
とくに、データ入力業務で扱う原稿の多くは、住所録や名刺、会員カードやクレジットカードなどの顧客情報であるケースが多くなっています。したがって、データ入力業務に携わる皆さんが取り扱うデータのほとんどは、個人情報保護法でいうところの「個人情報」に該当するということになります。

50.jpg

PCタイピング業務 [仕事概要] に戻る場合は、↓をクリックされて下さい。(戻る)
http://job100v.blog.fc2.com/

カテゴリ
エントリーはこちらより